スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

旅の本

お出かけからすっかり遠のいている今日この頃です。
週末はもっぱらスポーツ三昧。
テニスの試合に出て、PTAのソフトボール大会の練習も毎週あり、忙しいです。

CA390197_convert_20111117194611.jpg
空がとってもきれいな季節ですね♪

でもちょっと今は家でゆっくりしたい気もします。
マダガスカルの旅、思ったより疲れたからなぁ。
今になって疲れてきた感じ。
もう若くないんだなぁ(ガックリ)

マダガスカルから帰ってきて、やっぱり仕事で行くのは相当タフだったなぁと思い返しています。
今思えば旅の間、部屋でふぅって一息つく時間はほとんどなかったのだー。

タイトな日程だったので連泊もなし、ホテル着も6時過ぎ。(8時着っていうのもありました汗)
となると、チェックイン後すぐに部屋回り、夕食の手配、そのまま夕食。
夕食が終わるのは9時過ぎ。
それから翌日の準備をしてシャワーを浴びたらバタンキュー。

朝は6時前から起きて、モーニングコール。
宿泊したホテルの半分は部屋に電話がないホテルだったので
朝の6時からモーニングノックのため各部屋へダッシュ。

いったい時給はいくらになるのか・・・。

考えたらこわいのでやめておきます。(*^_^*)


それでも、やっぱりしばらく経つとどっかに行きたくなるのですよね~。
不思議だなぁ。


旅に出る機会もすぐにはやってこなさそうなので、最近本で空想旅行へ行ってます。

読書の秋です~☆

「インド旅行記」

いつか行ってみたいなぁと思っているインドの本読んでみました。
女優の中谷美紀さんが仕事に疲れてふいっと訪れた時の旅の記録です。

インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫)インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫)
(2006/08)
中谷 美紀

商品詳細を見る


全行程にガイドとドライバーがついているし、一人旅っていう感じではなかったなぁ。
やけにきれい好きで、何かにつけて「持ってきたウェットティッシュできれいにふき取った」って出てくるし。そんなに嫌なら行かなきゃいいのに、って思う場面もありました。笑

でもインドの様子が割と冷静に書かれていたので参考になりました。

そしてバリ島へは・・「マリカのソファー

マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)
(1997/04)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


よしもとばななさんの小説です。
半分は小説の中でバリへ。それから取材に行った時の記録が半分。

こういう形式って面白いですね。

ばななさんのこのシリーズは好きです。
久々に読んだらとってもよかった。

バリ島へ行くときが来たら飛行機の中で読みたいなぁ。

次の旅はゆっくりのんびりリゾートがいいです☆☆
いつになるかわからないけど~♪


クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagetop

旅気分になれる本

読書の秋ですね。秋の夜長、何をされていますか?
私はもっぱら「モンスターハンター4」でモンスター退治に出かけています。

その合間に図書館で借りた本をぼちぼち読んでいます。
好きなのは、海外へ旅する内容が含まれている話。
主人公と一緒に現実逃避~♪♪(^^♪

最近読んだ旅の話が入った本。

「アムリタ」 吉本ばなな

アムリタ〈上〉 (新潮文庫)アムリタ〈上〉 (新潮文庫)
(2002/09/30)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


アムリタ〈下〉 (新潮文庫)アムリタ〈下〉 (新潮文庫)
(2002/09/30)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


霊感があったり、予知能力があったりと、ちょっと変わった主人公やその周りの人たちの日常と、非日常を求めて旅立ったサイパンでの話。



「三千枚の金貨」 宮本 輝 

三千枚の金貨(上) (光文社文庫)三千枚の金貨(上) (光文社文庫)
(2013/01/10)
宮本 輝

商品詳細を見る


三千枚の金貨(下) (光文社文庫)三千枚の金貨(下) (光文社文庫)
(2013/01/10)
宮本 輝

商品詳細を見る


ざっくり言うと主人公が入院中に見ず知らずの患者から金貨を埋めたという話を聞き、後々探すことになる話なんですが、主人公のおじさんがタクラマカン砂漠を一人で旅する話が随所に出てきて、描写がとても具体的で私も旅をしている気分になりました。シルクロード横断はいつか行ってみたいと思っている場所のひとつです。



「あの日、僕は旅に出た」 蔵前 仁一


あの日、僕は旅に出たあの日、僕は旅に出た
(2013/07/12)
蔵前 仁一

商品詳細を見る


これはノンフィクションです。旅雑誌「旅行人」の編集長である蔵前さんが、旅に目覚めて世界中を旅して旅に関する仕事を始めていく経緯がまとめられたものです。
バックパッカーと言っても今はスマホやネットが普及しているので何処にいても情報が溢れていますが、蔵前さんが旅をしていた頃はそんな情報源もない時代。今のバックパッカーとは全然違うんでしょうね。衝撃を受けたインドや中国の話など盛りだくさんで楽しいです。
若い頃にもっといろんな国へ行っておけばよかったなぁって思わずにいられない。


自分の知らない世界の話、楽しいです。


応援クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

「世界をひとりで歩いてみた」

前から真鍋かをりさんのブログが好きでよく見ていたんだけど、彼女が30歳になって一人旅に目覚め、その旅の本を出版しました(^o^)

もともと頭のいい人で、文章力があるよね。
ただ情報を伝えるだけじゃなく、そこに笑いの要素を詰め込んでるところが好き。
簡単そうでなかなか真似できないと思います。

さっそく読んでみました。

ごめん、かをりちゃん、買わずに図書館で借りちゃいました。

世界をひとりで歩いてみた――女30にして旅に目覚める世界をひとりで歩いてみた――女30にして旅に目覚める
(2013/12/04)
眞鍋かをり

商品詳細を見る


面白かったよー。

ガイドブックではなく、どうしてそこに行ったか、そこで何を思ったか、それから印象的だった出来事をいくつか書いてというかんじの本です。

パリ、ベトナム、ギリシャ、イスタンブール、アメリカの5か所のエピソードが綴られています。

これ読むと一人旅してみたくなるー。

私は一人旅よりはやっぱり誰かと行きたい派ですが、こんな旅もたまにはいいかもなぁ(^o^)

でもさ、急に思い立って1週間前とか当日にチケットとって数日間でも旅行にいくって、行動力はもちろんだけど、経済力もある程度ないと出来ないよね~。

・・・・。

さ、仕事探さないと!!


応援クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

絶対に旅に出たくなる本

お友達に紹介されて買った本、というかマップ。

ご存知ですか?

マップス: 新・世界図絵 (児童書)マップス: 新・世界図絵 (児童書)
(2014/09/10)
アレクサンドラ ミジェリンスカ、ダニエル ミジェリンスキ 他

商品詳細を見る


その名も「MAPS」

ポーランド出身のイラストレーターが書いたとっても可愛いイラストで42か国が紹介されています。(^o^)

日本はこんな感じで紹介されています。

女子高生が載ってる(^^)


九州…
もっとたくさん見所あるけどなぁ。笑



エジプト↓



チェコ↓


どこもかしこも行ってみたいとこだらけ。

そして絵が本当にツボです~

思わず笑っちゃうイラストや好奇心わそそるイラストがたんまり(^o^)

これでしばらくは空想旅行できそうです♪


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。