スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

暮らしぶりと人々

マダガスカルの首都アンタナナリボの風景です。

m7.jpg

ジャカランダの花が見ごろを迎えていました。


フランスの植民地だったこともあり、どことなく洗練された町にみえますね。
丘が多いので景色がいいです。

マダガスカルは発展途上国です。

なのでヨーロッパのように見えるこの景色も町を歩くとイメージがガラリと変わります。

m5.jpg

牛も歩いているし、裸足の人もたくさんいます。
マーケットの果物は傷んでいるし、ぶらさがった肉にはハエがたかっています。

そしてこの国には信号がありません。

車はたくさん走っているのに、です。

思い思いに止めたり、割り込んだり、譲ったり。
いつも街中は渋滞していました。

本当に必要なところは警官が立っていましたが、そんなに役に立っているとも思えず。

それでもまだ首都は都会でした。

郊外の家はトタンや木で作った小屋のような家が多かったです。

m4.jpg

みんな川で洗濯して、そこらへんの草原に広げて干します。
道路脇だろうがお構いなしです。

m3.jpg

町に街灯はなく、夜になると真っ暗なのに、真っ暗な町に人がたくさんいました。
豆電球のような明かり一つのお店の周りに集まって座っていたり、どこかへ歩いていたり。
明かりがなくてもどうにかなるもんだなぁと変に感心してしまいました。




まだまだ貧しい国ですが、子供たちはキラキラしていましたよ。

m2.jpg

どこにいっても笑って駆け寄ってきました。

タッチすると嬉しそうにはしゃいで、写真を見せてあげると歓声をあげていました。

暮らしは貧しいんでしょうが、心は豊かなんでしょうね。

大人も大抵みんな親切でした。

m1.jpg

m6.jpg

子供たちがお手伝いしている風景を何度も見ました。
畑仕事、牛の世話、小さい弟や妹の面倒。

そしてみんな笑っていました。


昨日、今日とPTAの旗振り当番でした。
朝元気に「おはよう!」と声をかけても元気にあいさつしてくる子なんて一人もいません。
(消え入りそうな声で「おはようございます」って子はいましたが。)

日本は豊かな生活を送っているのに、挨拶もろくに出来ない子たちが育つのはどうしてなんでしょうか。

「豊かさ」ってなんでしょうね。

マダガスカルの子供たちの笑顔をみるたびに考えさせられました。


クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

ほんと
豊かさってなんなんだろうなぁと私もすごく思います。
こういうところの子供たちって、みんな心からの笑顔なんですよね。
いい笑顔。
ちょうど私も昨日旗ふり当番だったんですが、こちらから挨拶しても元気に返して来る子の少ないこと!
自分から挨拶する子なんて数えるほどですしね。
おはようって言っても、目の前で知らんぷりしてる子には、しつこく近づいてってもう一度言うこともあります ~(笑)
  • 2011-10-27│14:21 |
  • kachari URL│
  • [edit]
わかります
マダガスカルに行ってたんですね。
一生のうちにバオバブの木を見にいきたいんですよー。
↓なんとも素敵な景色ですね。

豊かさって考えます。
物があふれて豊かなはずに今の日本だけど、でもホントの豊かさを失ってしまった気がしますね。
何気ない喜びをを感じることができる力、今の子供に必要なものだと思います。
うちの方も旗振りしても挨拶する子は半分もいないですね…。
我が子にはきつく言ってるけど、はたしてやってるのやら(汗)

マダガスカルの子供たちの笑顔は輝いてますね!
  • 2011-10-27│15:55 |
  • yuyu URL│
  • [edit]
kachariさんへ
保育園のときはみんな笑顔で挨拶してくれていたような気がしていて、初めての旗振り当番であまりの挨拶の元気なさに衝撃を受けたんですよね~。しつこく近づく、いいですね!笑 私も今度やってみようっと!!

子供たちには小さなことや少しの幸せやちょっとしたありがたみを感じる人になってもらいたいなぁって思います。私自身がこう感じることが出来ただけでも行けてよかったです。

子供たちの笑顔は本当に癒されました♪これは世界共通ですね♪

  • 2011-10-28│10:13 |
  • ☆よーちん☆ URL│
  • [edit]
yuyuさんへ
バオバブは本当に独特な雰囲気がありました。
でも思ったより数は少なくて、ずーっとバオバブの木が連立しているわけではなく、ぽつぽつと生えている感じでした。焼畑などの影響もあり数が減ってきているようです。いつか見に行けますように!

「生活が豊か」なのと「心が豊か」なのは違うんだなーと改めて考えさせられました。
うちの娘もきっとみんなと同じように小さい声しか出ていないんだろうな(悲)
「元気」な感じが本当にしないんですよねー。みんなお葬式にいくみたいな顔で登校していて、びっくりです。
登校班でちゃんと一列に並んで、おしゃべりせず、走らず、っていろいろ規制があるから子供たちも難しいんだとは思いますけどね。
子供たちにはちょっとしたことに感謝したり感動したりする人になってほしいです!
  • 2011-10-28│10:21 |
  • ☆よーちん☆ URL│
  • [edit]
素敵な笑顔です
マダガスカルの写真、何だかすごく心惹かれるものがあります。
本当に、子どもたちの笑顔がとても素敵。こういうところに行くと、「旅」の意味もまた違ってくる気がしますねぇ。
KANAさん
本当はもっともっとたくさんの笑顔に会いました。
だから私もたくさん考えさせられました。

うんうん確かに行く場所によって自分を見つめ返したり、リフレッシュ出来たり
いろいろですものね。
旅って奥が深いなぁって思います。
だからこそみんな虜になるんですよね♪


  • 2011-10-30│22:56 |
  • ☆よーちん☆ URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。