スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

トルコ旅行記4.イスタンブール観光(ブルーモスク)

トルコ旅行記 2015年8月

さて、いよいよイスタンブール観光スタートです。

イスタンブールへ着いた翌日、まずはカドキョイからエミノミュへ。
旧市街を目指してフェリーに乗ります。

P8083237.jpg
フェリー乗り場

フェリーはいまでもイスタンブールの人々の主要な交通手段です。
2、30分に1本のペースで出ているので、ふらっと来て乗ることができます。

さぁヨーロッパ側へ渡るぞー!(^^)!

所要時間は20分ほど。
料金は、チャージしたイスタンブールカードで支払ったのであいまいですが、2トルコリラほどだったかと。(約100円)
(イスタンブールカードを使うと割引されます。)
イスタンブールの主要な乗り物は大体このぐらいの料金です。
距離が長くても料金は変わらず一律なので入り口でピッとやるだけです。
観光客にはありがたい値段ですよね~!(^^)!

P8083238.jpg
船内はこんな感じ。

気持ちがいいからデッキに上がります。
P8083243.jpg

気持ちいい海風に当たりながらのんびりしていたら、異国情緒あふれる旧市街が近づいてきました♪

P8083244.jpg

P8083247.jpg
モスクが見えてきました(^o^)

旧市街の港、エミノミュへ到着。
そこからトラムに乗り換えます。

港へ着いたらすぐにトラム乗り場があるかと思っていましたが、乗り場がなくてちょっとうろうろ。
地下道を通って道路の反対側へ渡り、イェニジャーミーを右手に見ながら左手にしばらく進んだところにトラム乗り場があります。

トラムへ乗ってやってきたのは スルタン・アフメット・ジャーミー。通称「ブルーモスク」

P8083250.jpg
大きすぎて全体がカメラに収まらない・・・

ここは有名な観光地になってはいますが、観光施設ではなく今でもイスラム教徒がお祈りをする神聖な場所です。
お祈りの時間は入場ができないので、時間をあらかじめチェックしていくといいです。
観光客専用の入り口に並ぶと、入る前にスカーフを貸してくれます。
入場は無料。

P8083251.jpg

人が多くて、神聖な雰囲気が漂っている・・・とは程遠いけど、何とも言えない独特の雰囲気があります。
大きなドームと、幾何学模様の敷き詰められたタイル。
偶像崇拝を禁止しているイスラムの寺院は、神の偉大さと伝えるために、幾何学模様を作り出します。

P8083252.jpg
きれいです。

しばらく座ってドームを眺めたり、人間観察をしたり。

P8083256.jpg
絨毯は鮮やかな赤。
チューリップはオランダが有名ですが、実はトルコが発祥の地なんだとか。

つづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。