スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

トルコ旅行記6.イスタンブール観光/乙女の塔

トルコ旅行記 2015年8月

旧市街の観光はとりあえずアヤソフィアで終了。
遅めのお昼ご飯を食べた後、一旦ホテルへ戻りました。

ホテルでゆっくりした後、夕日を見に乙女の塔へ行くことにしました。
地球の○き方のトルコ版の表紙にもなっている、海に浮かぶ乙女の塔とその後ろに見える旧市街のモスクのシルエットと夕日を見たかったからです。

乙女の塔のあるウスキュダルはアジアサイドにあるんだけど、宿泊しているカドキョイよりちょっと北側のエリア。
この暑さで歩くのは無理、電車は短いのに乗り換えが必要・・・。
宿のお兄さんに聞いたらバスでもいけるけど、ドルムシュが一番早いと。
ドルムシュというのはトルコの乗り合いタクシーで、7,8人が乗れるバン。
人が集まったら出発するというタイプの乗り物。
観光客には難しいと書いているガイドブックもあるけど、行きたい場所を伝えられて、料金を聞くことが出来れば便利な乗り物だと思います。
20年ぶりにトルコを再訪して思ったけど、英語が多少わかればどうにかなるようになっていた。
むかしは英語喋れない人がもっとたくさんいた気がするなー。
きっと日本も同じですね。

カドキョイからウスキュダルへ向かうドルムシュは港のバスターミナルと道路を挟んで反対側に止まっています。
バンの前に「ウスキュダル」と表示があるバンに乗ります。

ハッ、写真撮らないと!、と思って乗り込んで撮った写真。

P8093359.jpg
ほんとセンスのない写真。笑

地元の人は「私ここでおります」と運転手さんに告げて、自分の好きなところで降ろしてもらっています。

便利なシステムだなー。
タクシーは高いけど、みんなで乗りあえば安くなりますもんねー。

結局ウスキュダル駅まで乗っていたのは私と娘のみでした。

海に向かって左方向へ、人の流れに乗って海沿いを歩きます。
釣りをしている人がたくさんいます。

P8093362.jpg

10分~15分ぐらい歩いたかなー。

夕暮れ時だというのにすごい人でした。

P8093363.jpg

P8093368.jpg
海に夕日って合うなー。

海沿いにカフェといかベンチというか、海に向かって座れる場所があります。
しかし、人でいっぱい!
やっと見つけたスペースに座ってみました。

P8093372.jpg

うーん、衛生的には微妙だけど、気にならない人なら大丈夫!笑

P8093388.jpg

売り子さんが行き来していて、手を挙げると寄ってきます。
チャイやら、シュミット(ゴマパンみたいなの)、お菓子等。
皆がヒマワリの種を食べていたので買ってみました。

P8093374.jpg
食べにくい割に実が小さい。

でも娘は気に入ったらしく、無心に食べていました!(^^)!

P8093380.jpg
チャイも頼んでみた。

そうこうしているうちに、太陽が沈み始めました。

P8093369.jpg

とってもキレイです。
夕日が沈むのを待つ・・って・・なんとも贅沢な時間だなー(*^_^*)

P8093379.jpg

きっと人が少なかったらロマンティックな場所なんでしょうけど、なんせ、この人手。

夏の夕暮れはみんな外にいたいよね~。

P8093383.jpg

P8093385.jpg

夕日を堪能して帰路へ。

帰りもドルムシュでと思って駅周辺で探したのですが、カドキョイ行のドルムシュを見つけることができませんでした・・。
あてもなく探すのも面倒なので、乗り換えはありますが、地下鉄にのって帰りました。

P8093392.jpg

反対行だったらボスポラス海峡の下を行くヨーロッパ方面なんだけどなぁ。
乗ってみたかったけど、結局この後も乗ることはありませんでした。
残念!

P8093393.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。