スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

トルコ旅行記9.パムッカレのローマ遺跡と遺跡プール

トルコ旅行記2015年8月

パムッカレはトルコの有名な観光地で、世界遺産にも登録されている景勝地です。
真っ白な石灰棚とそこを流れる温泉は、とても美しく、世界中の人を魅了しています。

近年は、近郊の温泉地の観光開発等から地下水(温泉)が枯渇し、石灰棚を流れる水量が激減しているそうです。
昔は立ち入り禁止の場所はなく、思い思いに観光できましたが、現在は立ち入れる場所を制限して、
景観の維持を保っています。




さて、パムッカレの観光、夏はとっても暑いです。
私たちは午前中プールで遊び、16時から観光に出かけました。
お昼を食べに行っている間に水着を干して乾かして、また服の下に着て出かけました。
ホテルのある地域からパムッカレの入り口まではホテルの人のすすめでドルムシュを利用しました。
ドルムシュは1人2トルコリラでした。

北口から観光スタート。
ホテルから近いのは南口だけど、そこからだと登って観光しなくてはいけないので、北口からに。
ゆっくり南口まで歩いて下り、そこから歩いてホテルまで戻りました。

入場料は 25トルコリラ。(クレジットカードOK)
12歳以下は無料ですが、パスポート等身分証明書が必要です。

パスポートうっかり忘れてしまい、入り口で交渉。
ここでは「しょうがないなー」ってかんじでOKでしたが・・・
後で入る温泉プールではパスポートないとダメと言われ、しょうがなく大人料金を払いました。

係員次第ですね~。

プールの係員は若い女子だったしなー。
こういう交渉はおじさんの方がうまくいくなー。
お子さん連れの方はパスポートお忘れなく~。




まずはローマ遺跡がごろごろ。

P8123532.jpg

P8123533.jpg
お墓。

すごい青空で、日差しが強い。
あまり人がいないので、いろんなポーズで写真を撮ったりしつつ。。

P8123534.jpg

すべてが大きいなぁ。
これが約2000年も昔に作られたとは思えない。
クレーンもシャベルカーも電動のものは何もないのに。

P8123536.jpg

P8123541.jpg
眼下には雄大な大地。
ローマ時代の人も同じような風景を見ていたんだろうな~と思うと何だか感慨深い。

P8123537.jpg

P8123542.jpg

P8123543.jpg

P8123545.jpg

P8123548.jpg


夕方だったので、まだ日差しは強かったものの、へたるほどではなかった。
帽子と飲み物は必須。

メインの石灰棚を見る前にまず遺跡プールへ。
P8123551.jpg
こちらがプールの入口。

料金は 32トルコリラ。
入場料より高いってどうなの。

入場料を払い、ロッカー(別料金)に荷物をいれ、プールへ。
中はレストランもあり、遊園地のプールみたいな雰囲気でした。
プールの水は・・・温泉なのでぬるーいお湯。

P8123553.jpg

まぁそんなにきれいではないけど、雰囲気を楽しむにはいいんじゃないかなー。
遺跡が沈んでるプールで遊ぶなんてめったにできないから。笑

P8123558.jpg

プールは人が多くてイモ洗い状態という記事もブログでみたけど、もう17時近くだったこともあってか、人は少なめ。
ちょうどいいかんじでしたよ。

P8123559.jpg

温泉水・・だからか、体に気泡がいっぱいできてきました。

P8123561.jpg

P8123562.jpg

のんびりしていたら、日差しがだんだん夕方っぽくなってきた。
7時頃だったかな。

娘は水着のまま、石灰棚観光へ。

P8123568.jpg
みえてきたー。

ここが南斜面への入口。
P8123569.jpg

P8123572.jpg

続く☆



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。