スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

トルコ旅行記12.カシュの街並み

トルコ旅行記 2015年8月

今回トルコへ行くと決めたとき、一番行きたいと思ったのがカシュでした。
いや、正確にいうと、カシュというより、カシュから船で20分ほどで行けるギリシャのメイス島へ行きたかった。

メイス島には青の洞窟があります。
テレビでみて、いつかトルコへ行くときはここへ行きたいとずっと思っていました。
イタリアのカプリにある青の洞窟に負けず劣らずのきれいさ。
でも観光客の多さは全然少なくて、泳ぐこともできるらしい。

人がきれいな場所に殺到していく昨今、(笑)
娘に貴重な体験をさせてあげたいな~と。

カシュは小さいリゾート地で、自家用車でいくか長距離バスを乗りついでいくしかなく、
外国人観光客にはちょっと敷居が高い場所です。
しかも、他の見どころを回りながらカシュへ寄るにはそれなりの日数も必要です。

カシュ以外は有名な観光地ばかり巡る旅にしたので、ここではのんびり過ごそうと決めていました。




パムッカレからフェティエでバスを乗り換えもあり、1日かけて、カシュへやってきました!

とにかくどこをとっても絵になる町です。。

P8153876.jpg
メインストリートには土産物屋やオープンカフェがずらり。

P8133711.jpg
ローマ時代より古いリキアの遺跡も無造作に立っていたり。

P8143735.jpg
裏路地にも隠れレストランがひっそりあります。

P8133728.jpg
ブーゲンビリアも満開!

P8133715.jpg

P8153879.jpg
夜になるとこれまた雰囲気がよい。

P8153888.jpg

P8153896.jpg

港には船がびっしり。
P8153878.jpg

P8143738.jpg
ここからメイス島だけでなく、1日エクスカーションや数日のショートトリップで、きれいな海を満喫するツアーがたくさんでています。

今回3泊してのんびりしたけど・・、もっともっといたかったなー。
とってもいいところでした☆


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

トルコ旅行記11.カシュへ

トルコ旅行記 2015年8月

パムッカレの翌日はさらに南下して、カシュというリゾート地へ1日かけて移動しました。
バスのチケットはホテルの人にお願いして、バス会社の人をよんでくれて、そこでフェティエという町の分まで購入。
パムッカレからカシュへは直行便がないので途中で乗り換えが必要です。
チケットの受け取りと支払いは出発の日の朝、ホテルまで届けてもらってそこでしました。

P8133686.jpg
トルコの長距離バス。

参考にする人なんて少ないとは思うけど、一応。
バスはこんな流れ。

9時 パムッカレからデニズリの町までドルムシュで移動 3.5トルコリラ
(ここを含んでのバス代にしてもらえばよかった!確認不足!)

デニズリからフェティエ 約4時間  1人25トルコリラ
フェティエからカシュ  約3時間  1人18トルコリラ

P8133687.jpg
フェティエからカシュへ行くバス会社は2件並んでありました。
最初に入った会社は出発まで時間があったので、もうちょっと早い便はないか聞いたところ、隣のバス会社を案内してくれました。
カシュ行のバスを待つ間にオトガル(バスターミナル)のロカンタ(ローカルレストラン)でランチを食べたんだけど、写真撮ったつもりでいたけどなかった~。

トルコの長距離バスはwifiがついていることも多く便利という情報を当てにしていましたが、実際はwifiが使えるバスはほとんどなかった。バスにwififreeって書いてあっても、なぜか使えなかった。

私は景色をみて楽しめるけど、娘は本当に退屈そうだったなー。
この点は私の準備不足でした。
wifiあるからいいじゃんと思ってほとんど何も持っていかなかったので、失敗したなぁと思いました。

海が見えてからは景色はだんだんリゾートっぽくなってきます。

P8133689.jpg

P8133699.jpg

P8133703.jpg

さて~、今回のトルコ旅行で私が一番訪れたかったカシュが近づいてきました!

続く☆


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

トルコ旅行記10.パムッカレの石灰棚

トルコ旅行記 2015年8月

パムッカレの観光。
ローマ遺跡と、遺跡プールで遊んだあとは、いよいよ石灰棚へ。

ちょうど太陽が沈みかけてきました。
19時ぐらい。

P8123574.jpg
靴をぬいで進みます。
時々滑ったりすることもあるので、両手がふさがらないように靴を入れるバッグをお忘れなく。

P8123577.jpg
自然の造形美って本当に何とも言えない美しさ。

P8123578.jpg
すごい観光客です。

P8123580.jpg
子供は水着でくれば楽しめると思います。

P8123583.jpg
水が勢いよく流れるこんな溝もあって、みんな浸かって遊んでる。

P8123645.jpg

P8123581.jpg

P8123584.jpg

P8123586.jpg

P8123590.jpg

P8123598.jpg

P8123603.jpg

P8123606.jpg

P8123607.jpg

P8123617_20151027213618126.jpg

P8123621.jpg

P8123678.jpg
昔は一面こんな風に真っ白だったんだろうけど、残念ながら今は一部。

P8123632.jpg
底にある泥を体中に塗ったくってみたり。

温泉気分で浮いてみたり。

いろいろ楽しみ方があります。

P8123636.jpg
遊びながら徐々に下へ降りていきます。

P8123662.jpg
お決まりの浮遊写真も。

そううち訪れた日没の時間。
P8123651.jpg

P8123670.jpg
息をのむ美しさでした。

P8123671.jpg

P8123672.jpg

P8123676.jpg

P8123681.jpg

P8123682.jpg

ゆっくりじっくり時間をとって、のんびり過ごすのがいいと思います。
人は多いけど、そんなに気にならなかったです。

遊んで過ごせるぐらいには回復していたけど、まだ娘のお腹が本調子ではなく、
この日も夕食はホテルに帰る途中でハンバーガーとポテトを買い、部屋で食べました。
この後も、食事はずっとこんな感じだった。

さぁ、翌日は1日かけて南下です!


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

トルコ旅行記9.パムッカレのローマ遺跡と遺跡プール

トルコ旅行記2015年8月

パムッカレはトルコの有名な観光地で、世界遺産にも登録されている景勝地です。
真っ白な石灰棚とそこを流れる温泉は、とても美しく、世界中の人を魅了しています。

近年は、近郊の温泉地の観光開発等から地下水(温泉)が枯渇し、石灰棚を流れる水量が激減しているそうです。
昔は立ち入り禁止の場所はなく、思い思いに観光できましたが、現在は立ち入れる場所を制限して、
景観の維持を保っています。




さて、パムッカレの観光、夏はとっても暑いです。
私たちは午前中プールで遊び、16時から観光に出かけました。
お昼を食べに行っている間に水着を干して乾かして、また服の下に着て出かけました。
ホテルのある地域からパムッカレの入り口まではホテルの人のすすめでドルムシュを利用しました。
ドルムシュは1人2トルコリラでした。

北口から観光スタート。
ホテルから近いのは南口だけど、そこからだと登って観光しなくてはいけないので、北口からに。
ゆっくり南口まで歩いて下り、そこから歩いてホテルまで戻りました。

入場料は 25トルコリラ。(クレジットカードOK)
12歳以下は無料ですが、パスポート等身分証明書が必要です。

パスポートうっかり忘れてしまい、入り口で交渉。
ここでは「しょうがないなー」ってかんじでOKでしたが・・・
後で入る温泉プールではパスポートないとダメと言われ、しょうがなく大人料金を払いました。

係員次第ですね~。

プールの係員は若い女子だったしなー。
こういう交渉はおじさんの方がうまくいくなー。
お子さん連れの方はパスポートお忘れなく~。




まずはローマ遺跡がごろごろ。

P8123532.jpg

P8123533.jpg
お墓。

すごい青空で、日差しが強い。
あまり人がいないので、いろんなポーズで写真を撮ったりしつつ。。

P8123534.jpg

すべてが大きいなぁ。
これが約2000年も昔に作られたとは思えない。
クレーンもシャベルカーも電動のものは何もないのに。

P8123536.jpg

P8123541.jpg
眼下には雄大な大地。
ローマ時代の人も同じような風景を見ていたんだろうな~と思うと何だか感慨深い。

P8123537.jpg

P8123542.jpg

P8123543.jpg

P8123545.jpg

P8123548.jpg


夕方だったので、まだ日差しは強かったものの、へたるほどではなかった。
帽子と飲み物は必須。

メインの石灰棚を見る前にまず遺跡プールへ。
P8123551.jpg
こちらがプールの入口。

料金は 32トルコリラ。
入場料より高いってどうなの。

入場料を払い、ロッカー(別料金)に荷物をいれ、プールへ。
中はレストランもあり、遊園地のプールみたいな雰囲気でした。
プールの水は・・・温泉なのでぬるーいお湯。

P8123553.jpg

まぁそんなにきれいではないけど、雰囲気を楽しむにはいいんじゃないかなー。
遺跡が沈んでるプールで遊ぶなんてめったにできないから。笑

P8123558.jpg

プールは人が多くてイモ洗い状態という記事もブログでみたけど、もう17時近くだったこともあってか、人は少なめ。
ちょうどいいかんじでしたよ。

P8123559.jpg

温泉水・・だからか、体に気泡がいっぱいできてきました。

P8123561.jpg

P8123562.jpg

のんびりしていたら、日差しがだんだん夕方っぽくなってきた。
7時頃だったかな。

娘は水着のまま、石灰棚観光へ。

P8123568.jpg
みえてきたー。

ここが南斜面への入口。
P8123569.jpg

P8123572.jpg

続く☆



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop

トルコ旅行記8.パムッカレへ

トルコ旅行記 2015年8月

イスタンブールで丸3日過ごした後、パムッカレへ移動です。

サビハ空港、混んでたなー。
P8123509.jpg
夏休みはどこも混雑しますね。

世界遺産パムッカレは石灰棚に温泉が流れ込む景勝地で世界遺産に指定されているトルコ有数の観光地。
この旅の中で唯一LCCを使いました。
トルコのLCCペガサス航空をネットから予約。
6月ぐらいに、変更とキャンセル可能の一番高いカテゴリーで予約して、2人で10,000円ほどでした。
朝と夜の便があったけど、早起きが嫌だったので夜の便に。
20:55発で22:00到着予定。
最寄りの空港デニズリへ飛び、そこからパムッカレは車で小一時間かかります。
バスもあるみたいだけど、空港から直接パムッカレにはいけず、デニズリ市内でパムッカレ行に乗り換えが必要という情報しか見つからず、夜の22時過ぎにに右も左もわからない町でウロウロしたくなかったので、ホテルにトランスファーを頼みました。
1人30トルコリラ。(1500円弱)子供割引なし。




パムッカレのホテルは「ホワイトヘブンホテル」
P8123527.jpg

プールがあって、ベランダがある部屋を選んで探しました。

ここでは泳ぐ予定があり、水着を干せるスペースがほしかったのでテラス付を探しました。

P8123511.jpg

P8123512.jpg

部屋も広くて、プールもちょうどよい大きさでよかったです。

ベランダからの眺め。
P8123514.jpg

朝ごはんのメニューは種類がちょっと少なかったけど、プールサイドのテラスで気持ち良く頂けました(*^_^*)
P8123517.jpg

ただこのホテル、中国人と韓国人のツアー客もよく利用するようで、時間によっては鉢合わせてレストランも混雑します。

ただwi-fiが弱くて、部屋に入ると使えなくて困りました。


前日夜23時にチェックインして、移動で疲れたのもあったので翌日はのんびり。
日差しも強いので、観光は16時頃から行くことに。
朝食食べてダラダラしたあと、ホテルのプールでお昼まで泳ぎました。

P8123519.jpg

プールは160センチの深さがあり、153センチの娘はあっぷあっぷ。笑

P8123523.jpg

泳ぎ終わったらホテルで水着を干して、お昼ご飯を食べに行きました。

パムッカレの観光は16時~出発です。

次回はパムッカレの観光をレポートしまーす!(^^)!


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Pagetop


プロフィール

☆よーちん☆

Author:☆よーちん☆
大好きなもの
旅行☆テニス☆海☆

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

アクセスカウンター

トリップアドバイザー

白川郷の記事がオススメブログに掲載されました♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。